FPなかたつが考える

保険・暮らし・仕事・将来・Aセクのことまで考えます

子どもが生まれてから生命保険を見直した人は、どれくらいいるのだろうか?

「子どもが生まれた時」というのは、生命保険の見直す絶好のタイミングだと言われています。
家族を支える大黒柱に何かあっては、家族が路頭に迷う可能性だってありますからね。
 
しかし同時に、「実際に見直した人ってどれくらいいるの?」「みんな本当に見直してるの?」
と、疑問も生まれて来ませんか?
 
「良いタイミングというのは、保険会社や代理店の都合じゃないの?」と。
 
そこで今回!
当ブログでは、ネット上で一般の方にアンケートを取り、子どもが生まれてから生命保険を見直した人は、どれくらいいるのだろうか検証してみました。
 
ただし、アンケートの数はが100件だけですので、そこを踏まえみて頂けると幸いです。
 
ぜひ、参考にしてください!
 
※ここでの生命保険は、「死亡保険」「医療保険」「学資保険」「がん保険」「三大疾病保険」「介護保険」を対象としています。
 
 

子どもが生まれて、生命保険を見直した人の割合はどれくらいか?

f:id:nakatatsu1990:20180106170554p:plain

グラフを見てみると64%の方が、子どもが生まれたのを機に生命保険を見直ししていますね。
 
もっと多いのかなと思っていましたが、保険の見直しをしなかった人の半数以上が、「子どもが生まれる前・結婚したタイミング」に生命保険を見直しているみたいですので、9割近い人が「結婚や、子どもができた・子どもが生まれた」のを機に、生命保険を見直しているみたいですね。
 
特に「死亡時の保障」と「子どもの学費」が心配で、保険を見直しされた方が8割以上でした。逆に、育児にお金が掛かるので「保障が多くないか?」「保険料を節約できないか」と相談された方もいましたね。
 

f:id:nakatatsu1990:20180106170647p:plain

 
保険を見直していない人は、忙しくて見直す時間がなかったという方もいらっしゃいます。
 
妊娠がわかってから実際に生まれるまでも時間が掛かるので、その間に旦那さんの誕生日が来てしまうと保険料が上がってしまいますし、早めの見直しは正しいのかもしれません。
 
奥さんが妊娠中でも、旦那さんの生命保険は見直せますからね。
 
「子供が産まれてからは、毎日慣れない子育てで、自分の保険の事をすっかり忘れていて保険の見直しはしていない。」
「子育てに忙しく、また子連れで保険の相談に出掛けられない」
という意見もあったので、子育てを手伝ってくれる人が近くにいない人は特に、子どもが生まれる前に保険の見直しをしたほうがいいかもしれません。
 
また「結婚する前、子どもができる前から、十分な保障に入っていた」という意見もありました(その他の意見)。しっかりと考えて生命保険に入ったんでしょうね。
 
あとは、共働きの方の中には「貯蓄もあるし、配偶者も働いているので、保険は必要ない」という人もいらっしゃいました。
 
子どもができる前、結婚する前からしっかりと貯蓄をしており、共働きであればそもそも保険が必要ない可能性も十分あります。
 

どこで生命保険を見直しましたか?

f:id:nakatatsu1990:20180106170931p:plain

生命保険を見直した方は、どこで相談したかのグラフです。複数回答も可としています。
 
意外と、一社専属の保険営業マンに相談して見直しをされた方が多い様に思います。
 
ただ、一社専属の保険営業マンに相談された方は、10以上前に結婚された方が多く、その時はまだ「保険ショップ・保険相談サービス」があまり浸透していませんでした。
 
結婚したのが10年以内の方だけを見ると、8割以上が複数社の保険会社を扱える「保険ショップ・保険相談サービス」を利用していますね。
 
他には、ネットで各社のパンフレット等を取り寄せて、保険を比べている人もいます。どれくらいの保障が必要か分かっていれば、ネットだけでも済みそうです。ただ、どれくらい必要か分からない場合は、保険代理店の人に相談したほうがいいでしょうね。
 

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました!
今回は、試験的にアンケートを取ってみましたので、みなさんの期待する情報を提供できていないかもしれません。
 
また、母数がたったの100件ですので、信憑性には若干問題があると思います。
 
ただ、少しでもあなたの生命保険の見直しの参考になればと思います!
 
 
以上!