なかたつブログ

「なんか役に立つ」を目指します

自動車保険の年齢条件とは?誰に合わせればいいのか

自動車保険の保険料を決める一つの要素として、「運転者年齢条件」があります。
子どもが免許を取ったので、年齢条件を子どもに合わせている方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、「運転者年齢条件」の合わせるべき対象を間違えて、保険料を多く払っている方を意外とお見受けします。
特に、代理店を通さずに保険契約をする「ダイレクト型(通販型)」に入っている方はその傾向が強い気がします。
 
そこで今日は、自動車保険の「運転者年齢条件」について書いていきます。
保険料に大きく関わってくる部分ですので、しっかりと確認して頂けたらと思います。

 

※正確な情報を掲載するよう最善の注意を払っていますが、時間経過や注意不足によって内容が間違っていることも可能性としてあります。詳しくは各会社のホームページや商品パンフレット等を参照して頂ますようお願いします。

 

運転者年齢条件とは

運転者年齢条件とは、契約車両を運転できる「年齢」を制限することで保険料を安くできるというものです。保険会社によって異なるんですが、「条件なし」「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」など、節目で条件を区切っています。
もちろん、年齢条件を引き上げるほど、保険料は安くなっています。
 
若い人ほど事故率が高く、年齢があがるほど事故率が下がっていくことが大きな要因ですね。

f:id:nakatatsu1990:20170927142811p:plain

(警視庁:平成28年度における交通事故発生状況より、 原付以上運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり交通事故件数の推移)

 
「21歳以上補償」から「26歳以上補償」に年齢条件を引き上げるだけで、保険料は25%くらいは安くなる気がします。もちろん、保険会社や条件によって変わってきますけど。
 
ですので、自動車保険の保険料を見直したい方はまず、運転者の年齢条件を確認してみて下さい。
 
ただ、安くなるからといって無理に年齢条件を引き上げることはやめてくださいね。補償が受けられないことになりますので。
 
 

運転者年齢条件が問われない人とは

僕が保険代理店で働いていた時、他社の自動車保険契約をよく見させて貰っていました。大学に通うため一人暮らしをしている息子の年齢に、運転者年齢条件を合わせている方がいました。
 
しかし、この運転者年齢条件は、被保険者同居の親族だけしか問われません
 
例えば、年齢条件を「35歳以上補償」にして家族限定の契約にしておけば、一人暮らしをしている息子(未成年)が、たまに実家に帰った時でも運転できるわけですね。
 
他にも、たまに運転する知人や友人に年齢条件を合わせている人も見てきましたが、これも年齢条件を問われることはありません。35歳以上補償の内容でも、未成年の知人や友人でも運転できます運転者の範囲は限定なしにしておかなければなりませんが。
 

f:id:nakatatsu1990:20170927144625p:plain

(あいおいニッセイ同和損保:タフ・クルマの保険パンフレットより。平成29年9月27日現在)
 

同居の親族とは

年齢条件が問われるのは、同居をしている親族です。同居ですので、生活費を仕送りしているという条件は当てはまりません。あくまで、同居です。
2世帯住宅でも同居になりますが、同じ敷地内の別家屋に住んでいる場合は別居というくくりになります。キッチンや風呂やトイレなどが揃っていることが条件にありますけどね。
 
まったく、ややこしい(汗)
 
もちろん、保険会社によって同居の親族だけでなく、別居の親族にも年齢条件が問われるところもありますし、同居の親族の範囲が違う場合もあります。詳しくは、保険会社や代理店に確認して下さいね!
 
 

おわりに

運転者年齢条件は、保険契約の途中でも、変更することができます!
例えば、4月1日始期の自動車保険に加入している場合。被保険者の誕生日が5月1日であれば、5月1日から年齢条件を引き上げることができ、一ヶ月分だけ前の年齢条件の保険料を払えばいいわけです。年払いにした場合は、あとで差額の保険料が返ってきます
 
自動車保険は、契約の更新の時に見直す方が多いですが、契約の途中でも保険を見直すことはできます!
保険料が高いと思っているかたは、ぜひ確認してみてくださいね!
 
以上!