FPなかたつが考える

保険・暮らし・仕事・将来・Aセクのことまで考えます

任意の自動車保険のロードサービスと、JAFの違いとは?

みなさんこんにちは、FPのなかたつです。
 
今日は、ロードサービスについて話したいと思います。
この記事を読んで頂くと、任意の自動車保険に付帯されているロードサービスと、JAFが提供するロードサービスの違いが分かって頂けると思います。
 
「JAFをやめよう」「JAFに入ろう」などと考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

 

※正確な情報を掲載するよう最善の注意を払っていますが、時間経過や注意不足によって内容が間違っていることも可能性としてあります。サービスを利用する場合は、各会社のホームページや商品パンフレット等を事前に参照して頂ますようお願いします。

 

ロードサービスとは?

そもそも、ロードサービスとは
  • ガス欠
  • バッテリー上がり
  • キーとじ込み
  • タイヤの落輪
  • タイヤのパンク
  • 故障や事故
などで、「自動車が走行ができない状態」になった場合に、作業員が現場に駆けつけてサポートをしてくれるサービスです。
その場の処置で走行が可能になればいいですが、事故や故障などによって走行が不可能な場合は、修理工場や自宅へのレッカー搬送もしてくれます。
 
ほとんどの自動車保険には無料でこのサービスが付いてきます。サービス名を「ロードアシスタンスサービス」などと、ちょっと変えている場合も多いですけどね。また、自動車が使えないことによって、現地で宿泊しないといけなくなった場合や、自宅までの交通費などを補填してくれる場合もあります。
そして、よく勘違いされがちなんですが、ロードサービスを使っても等級がダウンすることはありません。走行不能になった場合などは、等級のことは気にせずに使って頂きたいと思います。
 
 

JAFと自動車保険付帯のロードサービスの違い

さて、次はJAFと自動車保険のロードサービスの違いを説明していきましょう。
 

人に付くか、車に付くか

明確な違いは、人にサービスがつくか、自動車にサービスがつくかです。

f:id:nakatatsu1990:20170923164309j:plain

JAFの場合は、契約した人がロードサービスを利用することができます。つまり人にサービスが付くわけです。
友人の車や会社の車、レンタカーが走行不能になってもサービスを受けることができるわけですね。もちろん運転していないなくても、その自動車に同乗しているだけでも大丈夫です。
 
自動車保険のロードサービスの場合は、契約している自動車にサービスが付きます。契約している自動車であれば、誰が運転していてもロードサービスが使えるわけです。
ただ、「ファミリーバイク特約」で補償されている原付バイク等は、ロードサービスの対象にはなりませんのでご注意を。
 
 

復旧作業をするか、作業料金を代わりに払うか

もう一つ、明確な違いの一つとして「提供するサービス」の違いがあります。
 

f:id:nakatatsu1990:20170923164441j:plain

JAFの場合は、「走行不能車両の復旧やレッカー搬送」などの「作業」が提供されるサービスになります。
 

f:id:nakatatsu1990:20170923164506j:plain

しかし、自動車保険の場合は「自動車の予期せぬ事故や故障によって負担しなければならなくなった、復旧作業費やレッカー搬送費、また宿泊費や交通費を代わりに負担する」こと、つまり「損害の補償」が提供されるサービスになります。まぁ、どっちも同じような気がしますけどね(笑)
 
自動車保険が宿泊費や交通費などを補償してくれるのは、それが損害の補償に当たるからです。JAFはもちろん宿泊費や交通費なんて補填してくれません。サービスに含まれていないですからね。
 
 

誰がサポートに駆けつけてくれるか

あとは、誰がサポートに駆けつけてくれるかという点。JAFの場合は社員が。自動車保険の場合は提携している事業所の作業員が駆けつけてくれます。
自動車が故障し、ロードサービスを使うために連絡をしたとすると、JAFと自動車保険(保険会社)の違いは下の図のようになります。

f:id:nakatatsu1990:20170923164537j:plain

 
JAFの場合は、技術や接客などをしっかりと身につけた社員が作業員として派遣されます。手順などもマニュアル化されているので、サポートの質は作業員が違ってもあまり変わらないでしょう。
 
逆に、保険会社の場合は保険会社の社員が現場に駆けつけてくれる訳ではなく、提携している事業所(修理工場、レッカー業者、鍵屋etc)が代わりに出動することになります。もちろん、提携事業所はしっかりとしたところを選んでいますが、保険会社が直接教育していないので、事業所によって当たりハズレがあるかもしれません。
 
ただ、提携している事業所の数はJAFの拠点数より多いので、現場に到着する早さは保険会社の方が早いかもしれませんね。もちろん、場所や時間帯によって大きく変わると思いますが。
 
 

作業内容の違い

JAFと自動車保険はのロードサービスは、その作業内容についても違いがあります。
JAFに入るか自動車保険のロードサービスで十分か、判断する基準にもなるかと思います。
 
年間利用可能回数の違い
バッテリー上がりやガス欠などの燃料切れの場合、JAFであれば回数無制限でサポートに駆けつけてくれますが、自動車保険の場合は「保険期間中1回のみ」などの回数制限があります。
「注意していれば1年で何度も、バッテリー上がりやガス欠なんてしないでしょ?」という言い分です。まぁ、オマケだと思ってもいいでしょう。
 
 
タイヤのパンクの処置の違い
タイヤがパンクした場合、車内にスペアタイヤがあれば、JAFも自動車保険のロードサービスもタイヤ交換作業をしてくれます。
しかし、最近の自動車にはスペアタイヤが搭載されていない場合も多く、応急処置だけしかできない場合も十分あり得ます。JAFの場合は応急処置をしてくれますが、ほとんどの自動車保険付帯のロードサービスでは応急処置をしてくれません。
 
ただ、自力走行ができない場合や、法令により走行が禁止される場合などは、レッカー車で修理工場や自宅まで搬送してくれるので、応急処置ができなくてもいいんですけどね。
 
 
レッカー搬送距離の違い
JAFは15kmまでは無料でレッカー搬送をしてくれますが、15kmを超えると1kmあたり720円の料金がかかります(2017年9月21日確認)。
 
自動車保険のロードサービスは、会社によって搬送距離にが全く違います。100kmの牽引を保証してくれる保険会社もあれば、「30万円まで搬送費用を負担しますよ」という保険会社もあります。30万円の補償だと大体500kmは搬送できますね(一般道だけ走る場合)。
 
レッカー搬送距離については、僕の知っているかぎりJAFよりも自動車保険付帯のロードサービスの方が優れている気がします
 
県外で自動車が故障し、JAFを呼んで自宅に搬送してもらった後から、何万円もの搬送費用を請求されたというのはよくある話です。自動車保険のロードサービスを使えばお金がかからなかったのに、という場合も少なくありません。
 
遠隔地で自動車が動かなくなった場合は、まずは自動車保険のロードサービスを確認してみましょう。
 
 
チェーンの着脱
雪道を走る場合、チェーンを装着する場合もあるかと思います。あまり雪が降らない地域の人などはチェーンの着脱ができない人も多いのではないでしょうか?
 
ただ、自動車保険のロードサービスでは、チェーンの着脱をサービスとして行ってくれません。事故や故障じゃないからでしょうね。自分で頑張って着脱してくださいということです。
 
その点、JAFはチェーンの着脱もサポートしてくれます。ただ、あなたがチェーンの着脱をお願いしたい時は、他の人も同じことを考えていることが多いでしょう。長時間待たされることが予想されるので、JAFにお願いするなら早めに連絡しておきましょう。
 
 
スタックからの引き出し
スタックというのは、雪道や砂利道、ぬかるみなどでタイヤが空転(空回り)してしまい前に進めない状態のことです。JAFは当たり前のように現場に駆けつけてくれますが、自動車保険のロードサービスの場合はそうもいきません。
 
これは保険会社によっても異なるんですが、スタックからの引き出しをサポートしてくれない会社は多いです。
 
東京海上や損保ジャパン、あいおいニッセイ同和や三井住友海上など、比較的大きな保険会社はサービスの対象外としていることが多い気がしますね。
 
他には、雪道でチェーンやスタッドレスを履いてスタックした場合のみ補償対象としているところもあります。もちろん、無条件で引き出しを行ってくれる保険会社もありますよ。
 
ここは自動車保険のパンフレット、保険会社や代理店に確認してください。
 
 
自然災害による事故・故障
地震、噴火、津波などの影響による事故や故障の場合、自動車保険では復旧作業やレッカー搬送をサービスの対象外としている場合が多いです。
自然災害は対象地域が広範囲になり対応しきれないことや、サービスの財源が保険料であるため、地域による保険料の差別をしないためだと僕は考えてます。
 
ただ、原則サービス対象外ですが、災害範囲が限定的であったり、被害が少ない場合はサービス対象とすることもあり得ます。ここは保険会社次第ですね。
 
 
宿泊費や交通費の補填
JAFは故障車両の復旧やレッカー搬送をサービスとして提供しているため、現地で宿泊しないといけなくなっても、その費用は補填してくれません。
 
その点、保険会社は自動車の事故(故障)に起因する損害として、宿泊費や交通費、修理工場から自宅までの搬送費用等を補填してくれます。
もちろん要件はありますし、保険会社によって内容は異なります。補填してくれない保険会社もあるので、この辺はしっかりと保険会社や代理店に確認しておきましょう。
 
 

JAFに会員登録した方がいい人

最後にJAFに会員登録をした方がいいと思う人を書いておこうと思います。あくまで参考程度に見て下さいね。
 
 

悪路をよく走る人

雪道や、砂利道、泥道などの悪路を走る場合は、タイヤに負担がかかり整備された道を走るよりもパンクする可能性も高いです。
また、タイヤがぬかるみなどにハマってしまうことも多いにあり、任意保険のロードサービスで補償の対象外となっている人はJAFに入っておいたほうがいいでしょう。
 
 

チェーンの着脱ができない人

たまーに雪が降る地域に住んでいたり、スキーやスノーボードをしに寒い地域に行かれる方、チェーンの着脱に慣れていればいいですが、自分で着脱ができなかったり不安がある場合は、遠慮なくJAFに頼みましょう。
ただ、長時間待たされる可能性も高いので、できれば自分でチェーンの着脱ができるようにしておいた方がいいです。
 
 

友人や知人の自動車をよく借りる人

自分の自動車を持っていなかったり、友人や知人の自動車を良く借りる人は、JAFに加入してもいいのかもしれませんね。
もちろん借りた自動車のロードサービスを使ってもいいんですが、バッテリー上がりガス欠などは回数制限がありますので。
 
1日だけ補償される自動車保険に加入するのであれば、そちらにもロードサービスはついてくるのでJAFには加入しなくてもいいかもしれません。
 
 

子どもが一人で自動車を運転する場合

子どもが免許を取って、一人で運転したり友人だけを乗せて運転する場合などは、お守りのためにJAFの家族会員にしたほうがいいと思います。
 
運転が不慣れだと、車が故障したり、ぬかるみにハマった時は焦りますからね。事前に自動車保険のロードサービスを使えと教えていても、いざというときは忘れていて、非会員のままJAFを使ったという人も結構います
 
僕もバッテリー上がりになった時、自動車保険のロードサービスではなく、近くのガソリンスタンドに駆けつけてもらったことがあります。もちろん自腹で料金を払いました(苦笑)
 
会員証を持たせ「車が止まったらJAF!」と教えておきましょう。
 
 

JAFの優待サービスを使いたい人

JAF会員になれば、テーマパークや宿泊施設、グルメなどを割引した価格で利用できたり、サービスされたりするらしいです。僕は会員ではないので詳しくは知らないんですけどね。使いかたによっては年会費をペイできたりもするらしいですよ。
これらの優待サービスを受けたい人は、考えてみてもいいかもしれないですね。
 
 

おわりに

さて、ここまで書いてきましたが、任意の自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスの違いが、なんとなく分かって頂けましたでしょうか?
 
もちろん、この記事ではすべての違いを網羅できているわけではありません。保険会社によっても内容が異なってきますしね。
 
ただ、みなさん意外と、任意の自動車保険にロードサービスが付帯されているのを知らなかったり、理解していなくて損をしているような気がしています。今回は、より理解を深めてもらえるようにロードサービスについての記事を書かせて頂きました。
 
ぜひ、「JAFに入ろう」「JAFやめよう」などと考えている方は、参考にしてみてください。小さなことから節約ですよ!
 
 
以上!