なかたつブログ

「なんか役に立つ」を目指します

車にドアを当てられて、相手が逃げた場合の自動車保険使用の注意点について

買い物を済ませ車に戻ってみると、ドアに覚えのないキズがある!これってどうすればいいの?
 
今日は、車にドアを当てられた(いわゆるドアパンチされた)時の自動車保険の使用について取り上げました。
この記事を最後まで読んでいただくと、ドアパンチされた時に保険を使う場合の注意点などが分かります。

 

 
※記事については、正しい情報を掲載するように最善の注意を払っていますが、時間の経過に伴う自動車保険の内容変更や、私の知らない自動車保険では、この記事の内容が当てはまらないことも可能性としてあります。最終的には、ご自身の自動車保険の約款等を読むか、保険会社、代理店に確認して頂くようお願いいたします。
 
 

警察が、ドアパンチで積極的な捜査をしてくれない理由

「ドアパンチされて、警察に連絡したけど全然捜査してくれていない!」という声をたまに耳にします。確かに、大事な車を傷つけられて、それに逃走された時なんて、警察には早急な捜査や対応をしてほしいですよね。
しかし、警察は積極的な犯人探しはしてくれません。それはドアパンチが道路交通法違反ではないからです。
 

駐車場は道路なのか?

警察は基本的に民事不介入です。「刑法に引っかからない不法行為は自分たちで示談してね」というスタンス。
なので、「道路交通法違反に該当しないドアパンチは、自分たちで解決してね」ということです。
 
でも、当て逃げは道路交通法違反だよね?ドアパンチもそうじゃないの?
 
と思いがちですが、駐車場の駐車スペースは道路とみなされないため、道路交通法の適用がされないんです(汗)
ちなみに、駐車場の通路部分は道路とみなされます。
 
 
 

ドアパンチされた時の自動車保険の使用について

一方的にドアを当てられた時は、あなたに非はありません。加害者側が100%の責任を負います。
しかし、それを知ってか知らずか、ドアパンチをした人はその場から逃走することも多いです。また、相手車両が見つかっても相手がその傷を付けたと認めるとは限りません。それがドアパンチのややこしいところです。
 
もちろん、相手車両が見つかって相手がその傷をつけたことを認める場合は、警察を呼び、事故の証明をしてもらい、相手の保険会社からの連絡を待ちましょう。一応自分側の保険会社にも連絡したほうがいいです。
 
そうなると、基本的には話は簡単に進みます。修理代は相手持ちで、修理している間の代車代も相手が払ってくれます。(まぁ、修理代が予想より高くて揉めることもあるんですが。。。)
 
ちなみに、相手が車のドアであなたの車を傷つけたのではなく、子どもが誤って衝突した場合や、手荷物がドアにぶつかった場合などは、相手の「個人賠償責任保険」で対応することが可能です。これだと自動車保険の等級も下がらないので、相手の負担にもなりません。揉めることなくスムーズに話は進むでしょう。
 
 

相手車両が見つからない場合の保険使用

問題なのは、相手車両が見つからない時。これは自腹で修理するか、自分の保険を使用して修理するしかありません。まぁ、小さい傷であれば修理しないという選択もありますけどね。どちらにしてもあまり気持ちがいいものではありませんが。。。
 
自腹で直す場合は、最低限の処置で2万円くらいはかかり、大きい傷になると10万円や20万円は普通にかかるので覚悟しておいた方がいいです。修理中の代車は、修理工場の方が貸してくれることもありますが、代車に余裕が無い場合は自分で代車を用意しないといけません。代車代はもちろん自腹で、1日5千円からかかります。
 
一般補償でなければ補償が受けられない
「自腹だなんて到底払えない!自動車保険使うわ!」という方もいらっしゃるでしょう。
ただ、自分の自動車保険の契約をみて、そもそも車両保険に入っていなかったり、車両保険がエコノミー(限定)補償になっている場合は、残念ながら自動車保険は使えません。自腹で払うしかないのです。
 
ドアパンチは「いたずら」ではなく「当て逃げ」
また、ここで話をややこしくしてしまうのが、ドアパンチは「当て逃げ」に該当してしまうということです。
「当て逃げ」と「いたずら」だとなにが違うのかというと、「いたずら」はエコノミー(限定)補償の車両保険でも補償できるんですが、「当て逃げ」は一般補償の車両保険でないと補償が受けられないんです。
 

f:id:nakatatsu1990:20170912152921p:plain

(平成29年9月12日現在、あいおいニッセイ同和損保、タフ・クルマの保険より)
 
たとえ、ドアパンチといえど車対車の事故になってしまいます。一般補償でも「当て逃げ」は3等級ダウン事故、「いたずら」は1等級ダウン事故として扱われますし、ドアパンチは質が悪いです。
 
 
車両保険無過失事故特約は使えない
代理店や保険会社から、車両保険無過失事故特約をオススメされて付加している人もいるかと思います。
この特約は、自分に非がない車対車の事故(相手車両の信号無視、センターラインオーバー、自分が停車している時の追突)であれば、自分の車両保険を等級ダウンなしで使えるというものです。
自分の非がない「ドアパンチ」でも補償されるものだと思いがちですが、実は「相手車両が不明」な場合はこの特約は使えません。
なので、ドアパンチされて相手車両が逃走した場合は、使えない特約なんですよね。。。
 
 
保険会社が「いたずらの傷」だと判断すれば、エコノミーでも補償可能
ドアパンチの傷かなーと思っても、あなたが現場を見ていないのであれば、それは「いたずらの傷」や「車以外でついた傷」の可能性もあります。
ドアパンチだと確証がない場合は、保険会社や代理店への報告の際に、「当て逃げされた!」とは言わない方がいいでしょう。「車に傷がある!」程度で収めておきましょう。
ただ、最終的に保険会社が判断することになりますので、必ず補償されるものではありません。難しいところです。
 
 

おわりに

さて、ドアパンチがいかに質が悪いか分かって頂けましたでしょうか?
自分の車にも「ドアパンチされたかなー」という傷があります。古い車で、それ以外にも傷は付いているし、傷も小さいのであまり気にしませんが、もしこれが新車だったら憤慨していると思います。
 
傷を見るだけでも嫌な気持ちになるでしょう。
そのため、自分は新車を買った場合は必ず「一般補償」の車両保険に入ろうと思ってます。ドアパンチをされた場合は、「一般補償」しか補償を受けられない!これだけを伝えて終わりにしたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 
ちなみにこんな記事も書いてます。