なかたつブログ

27歳のファイナンシャルプランナーがいろいろと語ります

損害保険は、賠償と財産補償が分かれば簡単に理解できる

f:id:nakatatsu1990:20170402151109j:plain

 

損害保険は、その名の通り 「損害」に対して補償をする保険になります。

そんがい【損害】の意味 - goo国語辞書

  1. 傷つけること。利益を失わせることや、失うこと。また、事故などで受けた不利益。損失

 

 上記のように、損害とは傷つけることや利益を失うことなどを指し、傷ついたものを直す費用得られるはずの利益を補償することが、損害保険というわけです。

 

損害保険は賠償と財産補償が肝

停まっている他人の自動車にあなたが後から自動車でぶつかってしまい、相手の車に損害を与え乗っていた人にも怪我をさせた場合。あなたは法律上の損害賠償責任を負うことになります。あなたが相手に支払うべきものは

  • 自動車の修理費
  • 治療費
  • 休業損害費
  • レンタカー代
  • 精神的苦痛に対する慰謝料 等

基本的に相手の財物(物、身体、得られるはずだった利益等)の損害の実際の額(実損額)を、あなたは相手に支払わなければなりません(賠償)

これは自動車の使用に起因する事故になるため、自動車保険の対人・対物補償のほうから保険金が支払われることになります。

 

また、この事故であなたの自動車も損害を受けあなた自身も怪我をした場合。自動車保険に人身傷害補償車両保険が付いていれば、あなたの自動車の損害と怪我の治療費等が補償(財産補償)されます。

 

つまり、相手の財産の損害の補償(賠償)自分の財産の損害の補償(財産補償)の2つの顔が損害保険にはあるということになります。

 

自動車保険は賠償がメインの保険になりますが、火災保険や傷害保険は財産補償がメインの保険になります。

 

 

関連記事

賠償責任保険とはどんな保険か - なかたつブログ